盛岡せんぼくバランス治療院の腰痛への取り組みは、大手健康雑誌「壮快」で紹介されました

盛岡せんぼくバランス治療院の腰痛に対する取り組み、アプローチは大手健康雑誌「壮快」2018年12月号で紹介されました。

壮快2018年12月号

ここで紹介されたのは、腰痛を解消するために、「ふくらはぎ」からアプローチする方法です。

腰痛に見舞われると、ついつい痛みがでている「腰」に自然と手が伸びていくものです。

また腰が痛いからといって、腰に「湿布」を貼ったりして、その場しのぎで済ませてしまう方も多いことでしょう。

けれども、腰痛の原因のほとんどは、「腰」が原因ではありません。

体幹・体を支えている「腰」が原因ではなく、「手」と「足」にその原因があることがほとんどです。

ここでは、「手」が原因で起きる腰痛と「足」が原因で起きる腰痛について、盛岡せんぼくバランス治療院の考え方を紹介させていただきます。

足が原因で起きる腰痛

はじめに、「足」が原因で起きる腰痛について解説してみます。

大手健康雑誌・「壮快」で紹介させていただきましたのは、この「足」が原因で起きる腰痛についてです。

この紹介記事の写真・図が大変よくできていますので、この写真・図を使いながら説明していきます。

腰痛とふくらはぎ、太ももの関係の図

腰痛のほとんどは、腰、骨盤と肋骨とのスペースに痛みを生じます。

いわゆる「ぎっくり腰」もこの部分に、身動きするだけで、激烈ないたみが生じます。

ここに位置している筋肉が「腰方形筋」です。

この腰方形筋に過剰なテンションがかかるために痛みが発生します。

腰方形筋は骨盤と肋骨を結ぶ筋肉で、この腰方形筋が「下・下方」に引っ張られるために、「腰の上部」に痛みが出現します。

逆にいいますと、腰の上部にいたみが出現した場合には、その原因は「足」にあると推察できます。

それでは、腰の上部に痛みがでる腰痛のメカニズムをみていきましょう。

腰の上部に痛みが出るメカニズム

腰方形筋が「下・下方」に引っ張られることで、腰の上部に痛みが出現すると考えるわけですが、

そのメカニズムはこのように考えられそうです。

①重い物を持つ作業や、立つたままでの作業が続きますと、それを支える「ふくらはぎ」が固くなってしまい、コリになってしまいます。

コリとは筋肉が縮んだ状態になることです。

すると、「ふくらはぎ」のコリは、体全体・骨盤を「下・下方」へ引っ張ってしまいます。

この下方への牽引力が腰方形筋まで伝わり腰痛が生じると考えることができます。

②現代社会においては、椅子に座ってパソコンに向かい仕事をする時間が長いのが当たり前になっています。

長時間椅子に座っていると、椅子によって太ももの後面の筋肉・ハムストリングスが圧迫され続けます。

すると、太ももの血流が滞り、太ももの筋肉にコリが生じます。

太ももの筋肉が縮んでしまい、体全体・骨盤を「下・下方」へ引っ張ってしまいます。

③これは、②の太ももの後面の筋肉であるハムストリングスと同じメカニズムですが、お尻の筋肉群も、長時間椅子に座っていることで、 お尻の筋肉群の血流が滞り、コリになってしまいます。

この①・②・③のいずれかの要因によって、骨盤が後傾、後ろに傾いてしまいます。

すると、骨盤と肋骨を結ぶ筋肉である腰方形筋に過剰なテンションが生じ、腰痛を発生させてしまいます。

これが、「足」が原因の腰痛が発生するメカニズムであると、盛岡せんぼくバランス治療院は考えております。

手が原因で起きる腰痛

もう一つの腰痛の原因である「手」が原因で起きる腰痛についてみていきましょう。

手が原因で起きる腰痛の特徴は、腰の下部・骨盤の上のへり周辺に痛みがでます。

立って体を後ろに反らすと、腰に痛みが出現します。

また、椅子から立ち上がった瞬間に腰に痛みが出現します。

腰の下部に痛みがでるメカニズム

「手」が原因でおきる腰痛は、その特徴として、腰の下部に痛みがでます。

そのメカニズムをみていきましょう。

現代人は椅子に座り、パソコンに向かい仕事をしている時間が長いのが当たり前になっています。

その時の上半身の姿勢を観察してみますと、こうなります。

手・腕はパソコンのキーボードに向かうため、当たり前ですが、前に伸びています。

またその腕は机に置くのではなく、宙づり状態で支えている場合が多いものです。

キーボードを打つ指に負荷がかかります。

指の筋肉というのは、すべて前腕からはじまります。

キーボードの打ち込みと、マウスの握りすぎで前腕が凝ってきます。

また腕を宙づりで支えるために「力こぶ」の筋肉も使い過ぎで凝ってきます。

筋肉が凝るということは、縮むということであり、さらに重力の関係で「下方」に引っ張られてしまいます。

このことから、前かがみの姿勢、いわゆる猫背がはじまってしまいます。

そして、背中が丸くなってしまうわけです。

すると、常に体幹前面、胸の筋肉とお腹のが作動し続け、固くなってしまいます。

その反面、背中の筋肉は常に引っ張られ、テンションを受け続けることになります。

そのまま背中の筋肉もお腹の筋肉も固くなってしまったため、体を後ろに反らすことができなくなります。

このように、「手」からはじまり、体幹の前面が丸くなることにより、逆に背中の、腰の下部に痛みが出現してしまうことになります。

ですから、このように「手」が原因となる腰痛が出現することになります。

このように腰痛は「手」からまた、「足」が原因となって引き起こされる場合がほとんどだ、といっても過言ではありません。

盛岡せんぼくバランス治療院は、腰痛に対して、このように「手」から「足」からアプローチしていきます。

腰痛治療を受けたお客様の喜びの声

「こんなに痛くない腰痛治療ってあるんですね」

脊椎分離症と宣告されて、、、
O M様 主婦 矢巾町
40代になってから腰痛とお友達?になってしまった私。

病院、接骨院と治りたい一心でまじめに通院したものです。

そこで宣告された「脊椎分離症」という診断名。

ここ3年位はヒザが腫れたり、痛みがでたり。左肢にしびれがでたり最悪な状態へ。

接骨院の治療も95%までは治るのですが、、、それ以上は望めない状態でした。

その時、バランス治療院の中村先生との出会い。

こんなにも痛くない治療ってあるんですね。

摩訶不思議としかいいようがありません。

腰痛もかなり改善されました

腰痛・肩こり
盛岡市・小堀和宏様

IMG_0023

○施術前と施術後を比べて、カラダの具合はどうですか?
腰痛もかなり改善されました。
肩こりも楽になりました。
○他の医療機関や整骨院と比べてみてどうでしたか?
わかりやすく成果がでました。
○院長の説明はわかりやすかったですか?
説明は納得のいくものでした。

治療にいく毎にレベルアップしているように感じます

頸椎ヘルニア・椎間板ヘルニア
盛岡市・吉田勝美様
○せんぼくバランス治療院に来院される前には、どのような不安や期待がありましたか?また、それは、どうかわりましたか?
一回の治療でどのくらいの効果があるのか期待と不安がありました。

○実際に来院されて、その不安と期待はどうなりましたか?また、感想は?
思った以上の効果がありました。私の場合、猫背が原因でいろいろな形で症状が出ていました。1回目の段階でそれを先生が見抜き適切な治療やアドバイスをしていただきました。

○施術前と施術後を比べて、カラダの具合はどうですか?
100%ではありませんが、背筋が伸ばせるようになり、腰にかかる負担が軽減されました。

○他の医療機関や整骨院と比べてみてどうでしたか?
その人の生活スタイル、仕事の内容から体の負担のかかる部分を分析し、その人に合った治療を行うことが出来る。

○院長の説明はわかりやすかったですか?
相手の立場で考えてくれるのでわかりやすい。

○ひとことメッセージ・感想をお願いします。
失礼になるかもしれませんが、治療にいく毎にレベルアップしているように感じます。今後も患者を大切にがんばってください。

ぎっくり腰の不安もなくなりました

慢性腰痛・慢性肩こり
盛岡市・藤田敦様
○せんぼくバランス治療院に来院される前には、どのような不安や期待がありましたか?
不安は特にありませんでした。

○実際に来院されて、その不安と期待はどうなりましたか?また、感想は?
徐々に症状がよくなってきています。期待どおりです。

○施術前と施術後を比べて、カラダの具合はどうですか?
肩の動きがスムーズになり、肩が楽になりました。ギックリ腰の不安もなくなりました。

○院長の説明はわかりやすかったですか?
話を聞いてくれたりしますし、説明もわかりやすいです。

○ひとことメッセージ・感想をお願いします。
院長のおかげでギックリ腰の不安がなくなりました。これからもよろしくお願いします。

腰痛の回数が減りました

腰痛
盛岡市・佐々木浩子様
○せんぼくバランス治療院に来院される前には、どのような不安や期待がありましたか?
ギックリ腰が1回でかなり改善したと聞いて、期待した。

○実際に来院されて、その不安と期待はどうなりましたか?また感想は?
腰痛の回数が減った。

○施術前と施術後を比べて、カラダの具合はどうですか?
良好です。

○他の医療機関や整骨院と比べてみてどうでしたか?
いいと思います。

○院長の説明はわかりやすかったですか?
いいです。

○ひとことメッセージ・感想をお願いします。
丁寧でいいです。